インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

Chromeのパスワード管理の安全で便利な使い方とは

各ブラウザには、パスワードを保存し、次回ログイン時に自動的に表示してくれるパスワード管理機能があります。


しかし、パスワードをパソコンに保存したり、パスワードを表示するフリーソフトも存在するなど危険な面があり、パソコンの紛失や廃棄のことを考えると少々不安です。

 

なお、Chromeのパスワード管理は、同期して使用すると、パスワードはインターネットのGoogleアカウントに保存され、より安全に活用できます。

 

また、同期した場合、保存されたパスワードは、以下の「passwords.google.com」で確認・削除が可能なので、パソコンの紛失・盗難時にも役立ちます。


 https://passwords.google.com/

 

また、Chromeのパスワード管理は、パスワード一覧も出力でき、なかなか使い勝手が良いパスワード管理です。

 

今回、Chromeのパスワード管理について少し説明しますので、なるほど、こんな使い方も出来るのかと参考になれば有り難いです。

 

《補足》ブラウザのパスワード管理はやはり不安だと思う方は、以下のパスワード管理がお勧めです。


 パスワード管理に便利! トレンドマイクロ【パスワードマネージャー】の使い方

 http://lifesecurityup.blogspot.com/2018/07/web.html

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

Chromeのパスワード管理」の使い勝手が良い点

 

 

 

①パスワードを同期し、パソコン、スマホなどで使えるようにすると、パスワードはインターネットのGoogleアカウントに保存され安心 *通常は同期する設定になっています


Googleアカウントでログインすれば、複数のパソコン・スマホで、保存したパスワードを利用可能


③ブラウザのログインの際、(登録された)ID・パスワードが自動入力


④保存されたパスワードは、Chromeの設定で見ることが可能


パソコンをパスワードでロックしていると、パスワード入力が必要です(Windows ログイン時のID・パスワード)。パソコンの紛失・盗難を考えると、この方が安全ですね。

 

⑤保存したID・パスワードはエクスポート(CSVファイルで書き出し)可能

 

(注)インターネットのGoogleアカウントに保存され、保存されたパスワードは、「passwords.google.com」で確認・削除が可能。

 https://passwords.google.com/

 

 

■■□―――――――――――――――――――――――――□■■


まずは、Chromeのパスワード管理の設定を確認


■■□―――――――――――――――――――――――――□■■

 

パスワードを【同期する】設定にすると、Googleアカウントに結びつけて、Googleのコンピューターに保存されます。同期しないと、パスワードはパソコンの中に保存され、紛失・廃棄などの場合に危険です。

 

Chromeでのパスワード保存の設定のお勧めは、以下です。初期設定は、①、②の設定になっていると思います。

 

 ①パスワード保存可能にする

 ②パスワード同期機能を活用する

 

 ①、②に設定することで、パスワードがGoogleのコンピューターに保存されます

 

もし、パスワードが保存されない、同期されないなど問題がある場合は、以下の方法で、設定内容を確認下さい。

 

 

Chrome パスワード保存の設定】

 

①ブラウザ右上の「3本線マーク」をクリックし、「設定」を選択

 

②設定画面の下方にある「詳細設定」をクリックします

 

③[パスワードとフォーム]の[パスワードを管理]の▲をクリック

 

④以下をONにする

 

・パスワードを保存できるようにする

・自動ログイン

 

 

 

 

Chromeでパスワードを同期する】

 

①ブラウザ右上の「3本線マーク」をクリックし、「設定」を選択

 

②設定画面の「同期」の▲をクリック

 

方法1:

③[すべてを同期する]をON

 

方法2:

③[すべてを同期する]をOFF

 [パスワード]など個別にON

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■


Chrome パスワード保存方法


■■□―――――――――――――――――――□■■

 

WebサイトのログインでID・パスワードを入力したら、”パスワードを保存しますか?”というミニ画面が表示されます。


 保存する場合 → [保存]をクリック

 保存しない場合→ [使用しない]をクリック

 

例えば、インターネットバンキングなどは、どうしてもパスワードを保存したくないと思う場合は、[使用しない]をクリックしてください。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■


Chrome ID・パスワードの自動入力


■■□―――――――――――――――――――□■■

 

Webサイトのログイン画面が表示されると、保存されたID・パスワードが自動的に入力されます。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■


Chrome 保存されたパスワードの表示方法


■■□―――――――――――――――――――□■■

 

①ブラウザ右上の「3本線マーク」 をクリックし、「設定」を選択

 

②設定画面の下方にある「詳細設定」をクリック

 

③[パスワードとフォーム]の[パスワードを管理]の▲をクリック

 

④パスワード一覧から見たいサイトの“眼印マーク”をクリック

 

⑤パソコンをパスワードでロックしていた場合、Windows ログイン時のID・パスワードを入力

 

⑥パスワードが表示

  再度、“眼印マーク”をクリックで非表示

 

 

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■


Chrome パスワードのエクスポート方法


■■□―――――――――――――――――――□■■

 

①設定画面の下方にある「詳細設定」をクリックします

 

②[パスワードとフォーム]の[パスワードを管理]の▲をクリック

 

③[保存したパスワード]の右横の「3本線マーク」(その他の操作)をクリック

 

④[パスワードをエクスポート]をクリック

 

Windows ログイン時のID・パスワードを入力すると、CSV形式でダウンロードできます。

 

 *なお、ファイルは暗号化されていないので取扱には十分注意して下さい。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■


《補足》スマホ(Andoroid)Chrome パスワード管理


■■□―――――――――――――――――――□■■

 

以下の手順で、スマホChromeのパスワード管理の内容、及び、保存されているパスワード、そして、パスワードを表示させることができます。なお、パスワード表示には、画面ロックのパスワード入力が必要です。

 

Chromeを起動し、三本線メニューから設定をタップ

 

②パスワードをタップ

 

③パスワード管理画面が表示されます

 

④登録されているサイトをタップ

 

⑤登録内容が表示、パスワード横の“眼印マーク”をタップ

 

⑥画面ロックのパスワード入力で、パスワード表示