読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

Adobe Readerは「Acrobat Reader DC」への変更が急務!

インターネットの文書(PDF)を読むのに必須なソフトが「Adobe Reader」。脆弱性(ソフトの不具合)が狙われやすく、かなり頻繁にアップデートが実施されます。

なお、これには様々なバージョンがあり分かりづらいが、サポート中止のバージョンがあり、最新版の「Acrobat Reader DC」への変更が急務です。もし、最新版に更新しない場合はウイルスに感染する恐れが高まります!

 

バージョンの確認は以下です。

 

最新版の「Acrobat Reader DC」への変更は、下記のサイトにいき、最新版をインストールします。

  Adobe Acrobat Reader DC ダウンロード
  https://get.adobe.com/jp/reader/

 

 

 

 

実 は、下記のINTERNET Watchの記事によると、脆弱性の危険度が4段階中で最も高い“critical”の修正版が1月12日(米国時間)に出す予定だと発表しましたが、対 象となる製品はAcrobat Readerでいうと、「Acrobat Reader DC」、「Adobe Reader XI」。

 

前のバージョンである「Adobe Reader X」についてはすでに2015年11月にサポートを終了しており、もはやセキュリティアップデートは提供されないようです。

 

 Adobe Acrobat/Readerに脆弱性、1月12日に修正パッチ公開

 バージョン「X」はすでにサポート終了で対象外 -INTERNET Watch

 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160108_738211.html

 

 

なお、この機会に、他のPDFリーダーを利用するのも良い方法かもしれません。私のお勧めは、以下のソフトです。

 

 

■Foxit Reader

独自エンジンの搭載により高速で起動するフリーのPDF閲覧・印刷ソフトです。個人的には、Acrobat Readerよりも好きですね。

タブで多数のPDFデータを表示でき、前に表示したPDFデータを次回起動時に表示してくれるので便利です。

 Foxit Reader - 窓の杜ライブラリ
 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/foxitreader/


■PDF-XChange Viewer

これも、タブ切り替え型で軽快に動作するフリーのPDFビューワーです。PDF文書内へ、四角形や円の囲み線を描き込むことができ、目次(ブックマーク)も作成できます。

 PDF-XChange Viewer - 窓の杜ライブラリ
 http://www.forest.impress.co.jp/library/software/pdfxchange/