インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

マイナンバー・ポータルサイトの動作環境はお粗末でとても使えない 利用者環境を無視しており、これでは普及しない!

内閣府が16日にオープンした、マイナンバーのポータルサイト「マイナポータル」

ブラウザーIE 11(32bit版のみ)およびSafariに限定されており、Java実行環境、環境設定プログラムのインストールが必須という、なんだか前時代的で、利用者環境を無視しています。

参考:
 教訓はどこへ? 32ビットIESafariのみ対応、Java必須のマイナンバーのポータルサイト - INTERNET Watch
 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1039551.html

 

このマイナンバーのポータルサイトマイナンバーに関連するサービスの検索や情報の確認、また税金などの支払いが行え、本格稼働は7月からですが、マイナンバーのポータルサイト今の動作環境では普及しないですね(普及率の予想 10%以下)。

 

Windows環境で、ユーザが多いChromeや、Windows10のEdgeブラウザなどが使えない、というのは本当にダメ。また、動作環境もとても複雑です。

多分、ソフトの開発時間が短いために、各種のブラウザに対応できなかったと思いますが、それにしても、こんなシステムをリリースしたらダメですね。

動作環境を見る限り、利用者のこと(利便性)を考えておらず、設計ミスに近い内容です。詳しくは、以下の動作環境の詳細を見てください。

 

マイナンバーのポータルサイトの動作環境の詳細

動作環境は以下で紹介されています。

 動作環境について | マイナポータル
 https://img.myna.go.jp/html/dousakankyou.html

 

Windowsの場合の動作環境は以下。

 

✕①ブラウザ     Microsoft Internet Explorer 11(32bit版のみ)

✕②Java実行環境の準備     Version 8 Update 111

 

 ③ICカードリーダライタの準備

 ④JPKI利用者クライアントソフトの準備

 

✕⑤マイナポータル環境設定プログラムの実施(環境設定プログラムのインストールと設定)

 

この中で問題なのは①、②、⑤。 ③、④は仕方がないです。

 

①ではブラウザをIE11(32ビット版)のみに限定しており、他のブラウザを考慮していない。

”IE11の日本でのブラウザシェアは19%”であり、それ以外の”80%のブラウザを無視”している。

  参考:
  WebブラウザシェアランキングTOP10(日本国内・世界)
  – ソフトウェアテスト・第三者検証ならウェブレッジ
  https://webrage.jp/?p=1405

②多分、WindowsMacintoshで同じソフトが使えるように、Java実行環境を必要にしたと思うが、Javaは良く狙われるソフトで、ひんぱんに最新版に更新しないといけない。

⑤わざわざ環境設定プログラムが必要なのも不便。さらに、IE11でのセキュリティ設定はかなり複雑で、パソコンに詳しい人でないとできない。

参考:
 サービストップ | マイナポータル
 https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form