読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

重くて不便なAcrobat Readerより、軽快で高機能な無料PDFリーダーを使おう

インターネットで良く使われるPDFデータ、このデータを見るには「PDFリーダー」が必要です。通常、Acrobat Readerが使われています。

 

しかし、Acrobat Readerは、PDFデータを見るには動作が重く、攻撃されやすいソフトで、安全に利用するには、ひんぱんに最新バージョンに更新しなければいけません。

 

名称も、Acrobat Reader(バージョン 6.0以前)、Adobe ReaderAdobe Reader XI、Adobe Acrobat Reader DCに変化し、名称も複雑で、何が最新版か分かりにくいですね。

 

また、最近は何やらクラウド対応(「DC」は「Document Cloud」の略)もついていて、使い勝手も悪くなった気がします。更に、Adobe Readerは利用者が多い分、ウイルスなどの攻撃にも狙われやすく、ひんぱんにソフトのアップデータが必要です。

 

なお、世の中には、便利な無料PDFリーダーがたくさんあります。そこで、今回は、重くてめんどうなAcrobat Readerに代わって、軽快で高機能な無料PDFリーダーを紹介します。もし、関心のある方は使ってみてください。

 

今回紹介する無料PDFリーダー、「PDF-XChange Editor」、「Foxit Reader」は、図形や文字の挿入など、とても高機能、動作も機敏で、なかなか使い勝手が良いです。

 

PDFデータをよく使う方は、重くてめんどうなAcrobat Readerより、これらのソフトを活用したほうがグッと効率が上がります。

 

(注)最新版のAcrobat ReaderDCは、Adobe Document Cloudと連携し、どこからでもPDFに対して作業でき、Box、DropboxMicrosoft OneDriveアカウントのファイルを開き、保存することもできるとありますが、このような機能、個人的には必要ないですね。

 


■ 高機能な無料PDFリーダー「PDF-XChange Editor」

 

ソフトダウンロード

 PDF-XChange Editor - 窓の杜ライブラリ
 http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/pdfxchedit/

 

軽快で高機能なPDFビューワー「PDF-XChange Viewer」の後継版です。“リボン”ユーザーインターフェイスを備え、テキストのハイライトや挿入、図形やオリジナルスタンプの追加、フリーペイントなどといった簡易的な編集にも対応しています。 

 

名前に”Editor”がついているように、PDFデータの編集機能は優れています。

図形の挿入、吹き出し文字の挿入などは、とても便利ですね。また、PDFデータの読み込みパスワード設定も可能なので有難いです。

 

更に、非商用に限り無償で利用できるPDF仮想プリンター「PDF-XChange Lite」も付属します。

 

タブ型のインターフェースを採用する事で、複数のPDFデータを一つのウィンドウで開く事が可能で、ソフトを終了しても、次回起動時に、前回開いていた全てのPDFデータを自動的に開きます。

 

 

 

《パスワードの設定方法》

 

①メニュー「ファイル」の選択
②「ドキュメントプロパティ」をクリック
③「セキュリティ」を選択
④「セキュリティ」設定から「パスワードセキュリティ」をクリック
⑤互換性を“Acrobat 9.0以降”を選択。*暗号化レベルを強化するため。
⑥「ドキュメントを開くときにパスワードを要求する」に✔し、パスワードを入力
⑦「OK」をクリック

 

 

 

 

(注)前のバージョン「PDF-XChange Viewer」は、昨年2016年3月に開発が終了しています。私は、以前はこのソフトを使っていましたが、「PDF-XChange Editor」に変更しました。

 

■ 軽快な動作の無料PDFリーダー「Foxit Reader」

 

ソフトダウンロード


 Foxit Reader - 窓の杜ライブラリ

 http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/foxitreader/

 

独自エンジンの搭載により高速で起動するフリーのPDF閲覧・印刷ソフトです。「PDF-XChange Editor」と同じように、図形の挿入、吹き出し文字の挿入なども可能です。

 

図形や文字の挿入の編集は「注釈」タブから実行します。


ディスクやメモリの必要量が比較的少ないので、パソコンの性能が低い場合には、必要容量の低いFoxit Readerがベストかもしれません。

 

また、タブ型のインターフェースを採用し、複数のPDFデータを一つのウィンドウで開く事が可能で、次回起動時にも、前回のPDFデータを全て開いて見ることができます。

 

 

 

 

 

■ 現在、最も利用されている「Acrobat Reader」

 

現在もっとも利用されているPDFリーダー/ビューアーです。最新バージョンは「Adobe Acrobat Reader DC」です。


今後も、この「Acrobat Reader」を使われる方は、以下で最新版をダウンロード、インストールしてください。


 PDFリーダー、PDFビューア | Adobe Acrobat Reader DC

 https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat/pdf-reader.html

 

《補足》PDFとは


PDFは、インターネットで幅広く使われる文書配信のデータ形式です。"Portable Document Format"の略で、「持ち運び自由な文書形式」という意味です。詳しくは、以下を参照ください。


 PDFの意味と使い方とは? PDFはインターネットでよく使われる文書データ

 http://lifesecurityup.blogspot.com/2015/04/pdfpdf.html