読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

狙われやすいブラウザIE、Adobe Reader、FlashPlayerをバージョンアップしよう!

2015年末、2016年始にかけて、ブラウザIEAdobe Readerにサポート中止のバージョンが出てきました。ブラウザIEAdobe Readerに加え、FlashPlayerは狙われやすい3大ソフトで、緊急なバージョンアップが必要です。

以下に、ソフト毎にバージョンアップ方法等を紹介しますので、参考にして下さい。

 

 

■ブラウザIE 2016年1月12日以降は 最新版のみがサポート

 

2016年1月12日(米国時間)以降は、ブラウザ「Internet Explorer」(以後、IE)のサポート対象は、(各Windows OSで利用可能な)最新版のみになるそうです。

 

Vista SP2はIE 9のみがサポート対象

 

それ以外のOSでは、IE11、Edgeのみがサポート対象になり、それ以外のIEバージョンはサポート外になります。緊急に最新版のIEにすることが必要です!

 

ブラウザIEは最新版に更新するか、それ以外のブラウザ、ChromeFirefoxへの変更が急務です。詳しくは以下のブログを参照下さい。

 インターネット安全活用 一灯塾
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2016/01/ie2016112.html

 

 

Adobe Reader、「Acrobat Reader DC」への変更が急務!

 

インターネットの文書(PDF)を読むのに必須なソフトが「Adobe Reader」。脆弱性(ソフトの不具合)が狙われやすく、かなり頻繁にアップデートが実施されます。

前のバージョンである「Adobe Reader X」についてはすでに2015年11月にサポートを終了しており、もはやセキュリティアップデートは提供されないようです。

 

そのため、最新版の「Acrobat Reader DC」への変更が急務です。もし、最新版に更新しない場合はウイルスに感染する恐れが高まります!

 

詳しくは以下のブログを参照下さい。

 インターネット安全活用 一灯塾
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2016/01/adobe-reader-x201511acrobat-reader-dc.html

 

 

■動画閲覧ソフト「Flash Player」は更新しないとホームページを見ただけでウイルス感染

 

もしかしたら、一番狙われていると思われるのが、動画閲覧ソフト「Flash Player」です。とにかく、ソフトの脆弱性(ぜいじゃくせい、不具合のこと)が多数発見されており、この脆弱性を悪用した危険な攻撃が、ここ数年盛んです。

 

最新版に更新しないとホームページを見ただけでウイルスに感染する危険があります。

 

このFlash Playerは、動画再生時にブラウザの中で動くソフトで、ブラウザ毎に違うため、ブラウザ毎にバージョンアップすることが必要です。

 

Flash Playerを最新版にバージョンアップする方法は下記を参照下さい。

 インターネット安全活用 一灯塾
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2015/07/flash-player.html