インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

音楽を聴くときのデータ形式の基礎知識 MP3、AAC、ビットレートとは

パソコン、スマホ、携帯プレーヤーなどで音楽を聴く時に、よく聞く言葉に”MP3”、”AAC”がありますが、これは、コンピュータにおける音楽のデータ形式です。コンピュータで聞くためには、音楽を特別なデータ形式にしないと聞けません。

 

なお、音楽データ形式にはさまざまありますが、MP3、AACは、代表的な音楽データの形式です。今回は、この音楽形式について紹介します。

 

実は、CDなどの音楽データは、そのままパソコンなどに使おうとすると、データサイズが大きくなるので、なるべく音楽データのサイズを小さくして(圧縮して)利用しています。

  この音楽データのサイズを小さくしたのが
  「MP3形式」、「AAC形式」「WMA形式」というデータ形式
です。

 

特に、「MP3形式」、「AAC形式」は代表的な音楽データ形式で、これさえ覚えておけば大丈夫です。

音楽関係で「MP3」「AAC」という言葉が出てきたら、難しく考えずに「これは音楽のデータなんだな」という感じでOKです。

 

  Amazonで提供されている音楽データは”MP3形式”
  iTunesストアで提供されている音楽データは”AAC 形式”
です。

 

音楽データ形式には様々ありますが、パソコン、スマホAndroidiOS)の双方で音楽データを使う場合も、定番のMP3やAAC形式が便利です。

 

では、何故、わざわざ、このようなデータ形式にするかというと、音楽データのサイズを小さくするためです。そのため、聴く際に影響のない範囲で、音の一部を取り除いて、データを圧縮しています。

 

布団や衣類を圧縮して圧縮袋につめ込むような感じで、音楽データをギューと圧縮した形式です。このときの、圧縮する方法の違いで、MP3、AACWMAというデータ形式があります。

 

また、「MP3 128kbps」、「AAC 256kbps」というのを聞くことがあります。「128kbps」「256kbps」はビットレートで、 "音楽をどれぐらいの音質で変換するか" の指標です。数字が大きいほど高音質になり、その分、データサイズも大きくなります。


なお、このようにデータサイズを小さくして、CD音楽をパソコンに取り込むと、たくさんの音楽を取り込むことができます。

  携帯プレーヤーの記憶容量が8GBだと約1600曲(アルバム 約100枚分)も記録

できます。通常のCD音楽のデータを、そのまま取り込むと、データサイズが大きくなるため、この1/10(アルバム 約10枚分)しか記録できません。



■ 何故、音楽データに特別な形式が必要なの?

 

パソコン、スマホ、携帯プレーヤー、携帯電話でCDの音楽を利用する場合、MP3、AACWMAのような特別なデータに変換してから利用します。

これらの形式は、CD音楽データを圧縮しサイズを小さくしたもので、通常、音楽CDのデータサイズの約1/10で記憶できます。

人間の感じ取りにくい部分のデータを間引くことによって、音楽データを圧縮し、データサイズを小さくしています。そのことで、より多くの音楽がパソコンや携帯プレーヤーに記憶できます。

 

ポップスCDのアルバム(16曲 約65分)を実際にパソコンに取り込んでみたら、データサイズは以下になりました。

 音楽CD上のデータサイズ      710MB

 パソコンに取り込んだデータサイズ  65MB

   *MP3(128kbps)、AAC(128kbps)、WMA(128kbps)で

取り込んだ場合

 

上記に示すように、CDに記憶されている音楽データの約1/10の大きさ程度で記憶できます。



■ 代表的な音楽データ圧縮方式

 

携帯プレーヤー、携帯電話等で音楽を聴くためには、これらの機器が、以下のどのデータ形式をサポートしているか事前に確認しておく必要があります。

 

◆MP3(MPEG1 Audio layer3)

音楽データを圧縮する技術が色々と開発されていますが、このMP3は、以前から広く普及しています。MP3 は MPEG-1 という映像圧縮技術の音声部分を利用しています。

 

AAC (Advanced Audio Coding)

MP3の後継といえるもので、全ての圧縮率において高音質を実現するべく作られています。MP3はMPEG-1という映像圧縮技術の音声部分を利用していますが、AACは、より新しい MPEG-2 の音声圧縮技術を利用しています。

 

WMAWindows Media Audio)

Microsoft社が開発した、Microsoft社製品の標準の音声圧縮方式です。



■ 音楽データはMP3やAAC形式が便利

 

パソコン、スマホAndroidiOS)で音楽データを使う場合は、定番のMP3やAAC形式が便利です。

  iTunesストアで購入した音楽データの形式 AAC 形式
  Amazonで購入した音楽データの形式は MP3形式

  レコチョクで購入した音楽データの形式 AAC 形式


Windowsパソコンの場合

パソコンで扱える音楽ファイルの形式はたくさんあります。代表的なものとして MP3、AACWMA、WAV があります。


Android端末の場合

 そのまま再生可能:
  MP3形式、WMA形式(Windows 版ミュージック マネージャを使用)

 再生可能(MP3ファイルに変換して再生):
  AAC形式、FLAC形式、OGG形式、ALAC形式

詳しくは、下記を参照下さい。

  ミュージックでサポートされているファイル形式 - Google Play ヘルプ
  https://support.google.com/googleplay/answer/1100462?hl=ja


iPhoneなどiOS端末の場合

 そのまま再生可能:
  AAC形式、MP3形式、HE-AAC形式、MP3 VBR形式、
  Audible(オーディオブック)、Apple Lossless形式、WAV形式

詳しくは、下記を参照下さい。

  [iPhoneiPad]再生できる音楽ファイル形式 | ソフトバンクモバイル
  http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=75874&a=101&id=75874



■ 音楽CDを取り込む時のビットレートとは

 

「MP3 128kbps」というのを聞くことがあります。MP3は圧縮形式ですが、次に続く「128kbps」がビットレートといわれます。

これは "音楽を1秒間あたりどれぐらいのデータに変換するか" の指標です。

 

 数値が高ければ音質は良いですが、変換後のデータサイズが大きくなります

 数値が低ければ音質は悪いですが、変換後のデータサイズは小さくなります

 

なお、以前は、パソコンのハードディスク容量の制限もあり、「MP3でCD並みの音質を確保するには、ビットレート128kbpsが良い」と言われていました。

しかし、今は、ハードディスク容量も1TBを越える時代になり、パソコン環境や音楽を考え、それ以上のビットレート160kbps、192kbpsでも良いかもしれません。

私は、CD音楽を録音する場合は、「MP3 192kbps」で録音しています。

なお、このビットレートも絶対的な判断基準ではなく、自分で聞き比べて最適なものを見つけたらよいと思います。