読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

PDFの意味と使い方とは? PDFはインターネットでよく使われる文書データ

インターネットで、メーカー、官公庁などのホームページで公開されている文書データの中で、最も多いのが、PDF形式です。

日常の生活では、文書といえば、MicrosoftのOfficeなどをつかったワープロ文書、表計算データなどが中心ですが、インターネットで文書データと言えば、このPDF形式のデータです。

PDFデータは、無料で公開されている、「Adobe Acrobat Reader(最新版はAdobe Acrobat Reader DC)」というソフトで見ることができます。このソフト、ほとんどのパソコンには最初から付属しています。

最近では、様々なソフトウェア・機器の操作説明書もPDFデータで提供されるようになりました。何故、このPDF形式が良く使われるのでしょうか?今回は、PDFの意味と使い方について説明します。


PDF形式のデータは、無料で配布されている、「Adobe Acrobat Reader」で見たり印刷することができ、また、WindowsMAC、OSの種類に関係なく、全てのパソコンで利用出来るなど、非常に便利なデータ形式です。

また、PDF形式のデータは、データサイズを小さくすることができるので、ワープロ表計算などのデータを、PDFデータに変換することで、データサイズを小さくし、メールでの添付ファイルなどに役立てることができます。


(注)PDFデータの作成方法は、以下を参照下さい。

  インターネット標準のPDFデータを作成するには?
  http://lifesecurityup.blogspot.com/2015/04/pdf.html



■ PDFとはインターネット標準の文書データ形式


PDFでは、インターネットで幅広く使われる文書配信のデータ形式です。"Portable Document Format"の略で、「持ち運び自由な文書形式」という意味です。


このPDF形式のファイルを表示・印刷するには、アドビシステムズ社が無料で配布している「Adobe Acrobat Reader」というソフトウェアが必要です。殆どのパソコンには、購入したときに付属しています。

ただし、「Adobe Acrobat Reader」が古いバージョンのことがあり、セキュリティ上も危険ですので、最新版にすることが必要です。 

このPDF形式を使うことで、データサイズも小さくすることができ、「Adobe Acrobat Reader」があれば、コンピュータの機種や環境、ソフトウェアが違っていても、データを表示・印刷することができるので、インターネット上での文書の配信等に広く使われています。



■ PDFデータの特徴


(1) どのパソコン、スマホでも見れる。

データを作成したソフトウェアがなくても、ほとんどのパソコンに搭載されている「Adobe Acrobat Reader」で見ることができます。また、このソフトは、スマホでも無料でインストールできます。

(2) データサイズを小さくできる。

PDFデータにすると、元のデータサイズの約1/5~1/10に小さくすることができます。

(3) データを保護することができる。

データ読み込み時のパスワードを設定したり、印刷・コピーを禁止したりすることができます。

(4) PDFデータは、どのソフトウェアからでも作成できる。

PDF作成ソフトウェアがパソコンに搭載されていれば、どのようなソフトウェアからでもPDFデータが作成できます。

(5) 複数のソフトウェアで作成したデータを一つのまとめる(PDFデータ)ことができる。

Excel、Word、パワーポイント等のソフトウェアで作成したデータをPDFデータすれば、それらを結合させ一つのPDFデータにして、連続してデータを見ることができます。



■ PDFデータを見るために必須のソフトウェア
■  「Adobe Acrobat Reader」(最新版はAdobe Acrobat Reader DC)


PDFデータを見るためのソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」は、アドビシステムズ社から無償で提供され、誰でも自由に使うことができます。

最新版のPDF作成機能を使って作成されたPDFデータの場合は、最新版の「Adobe Acrobat Reader」が必要となりますので、常に最新版にバージョンアップすることが望ましいです。

また、ウイルスなどの不正ソフトが「Adobe Acrobat Reader」の不具合(脆弱性、ぜいじゃくせい)を狙ってパソコンに侵入してきますので、その意味でも、最新版に更新し、不具合を直すことが必要です。

Adobe Acrobat Reader」の最新版ダウンロードは以下を参照下さい。

  *最新版は2015/4/8提供の「Adobe Acrobat Reader DC」

 PDFリーダー、PDFビューア | Adobe Acrobat Reader DC
 https://acrobat.adobe.com/jp/ja/products/pdf-reader.html


(注)ダウンロード時は、オプションのプログラムのチェックマークを外して下さい。
チェックのままだと、無料の McAfee Security Scan Plus ユーティリティも同時にインストールされます。