インターネット安全活用 一灯塾

最新のIT技術を正確に把握することは困難ですが、地道にコツコツ、IT技術に関する情報を発信します

インターネット通販の偽サイトが相次いで発見! 激安商品の偽サイトに要注意

インターネット通販の偽サイトが相次いで見つかっています、注意下さい。

国民生活センターによると、ネット通販で代金を支払ったのに商品が届かないとの相談は5年前の約20倍に達しており、「安売りサイトは疑ってほしい」と注意を呼びかけているそうです。詳しくは、下記サイト参照下さい。

 安売り偽サイト:急増 企業情報未掲載は注意 - 毎日新聞
 http://mainichi.jp/select/news/20150315k0000m040122000c.html


目的は、安値をアピールして購入代金をだまし取ったり、購入手続きの際に入力させたIDやパスワードなどの個人情報を盗んだりするのが狙い。また、楽天では「検索サイトで激安商品を探すと偽サイトにたどりつく恐れがある」と注意を呼びかけているそうです。

私の家族も、よくインターネット通販で服などを買っているので、家族には注意しました。皆さんもぜひ、家族の方に忠告してください。



■ インターネット通販にだまされない方法


下記サイトを参考に、まとめてみました。下記サイトには、他の方法も紹介されています。

  ココを見れば偽通販にダマされない! 商品届かない詐欺サイトの見分け方 - Let's Emu!
  http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/shopping-fraud.htm



(1) 危険なサイトの特徴 その1
   法律で書くことが義務になってる、①会社名、②責任者の氏名、➂所在地、④電話番号
   の情報が見当たらない


(2) 危険なサイトの特徴 その2

  ・ユーザー名やパスワードを入力してログイン・サインインするページ
  ・会員登録したり、発送先となる氏名や住所を入力するページ

   にアクセスしたとき、ブラウザの上部にある
     ①アドレスバーに南京錠(鍵)マークが無く
     ②URLが”http”のまま(”https”になっていない)

   信頼のおけるページでは
     ①アドレスバーに南京錠(鍵)マークがつき、
     ②URLが”https”になっています。


  下記の画像は、Amazonのレジに進むページ、楽天トラベルの予約状況に進むページの例です。
   ①南京錠(鍵)マークがつき、②URLが”https”になっています。




(3) 危険なサイトの特徴 その3

       連絡先にウェブメールのアドレスをのせてる場合も注意が必要です

   名のある企業が運営する通販サイトが、無料のウェブメールアドレスを使うことは
   ありえないからです




■ 安全なホームページは、URLが違います!! 「https://」とhttpに"s"が付く

通常、”URL”は、 ”http://” ですが ”https://” (httpに”s”が付く)になっているときがあります。

これは、インターネットとの情報が暗号化され盗聴されても安全で、また、ホームページを運営している会社を証明するものです。

Amazonなどの個人情報を扱う、オンラインショッピングでは、必ず、”URL”は、 ”https://”と ”http”に”s”が付いていることを確認してください。

なお、オンラインバンキングなどの更に重要なホームページの場合は、この”https://”に加え、アドレスバーが緑色になっていることを確認してください。これは、企業の実在性確認などの認証方法を厳格にした「EV SSL証明書」になっていることを示しています。

詳しい内容を以下のブログで紹介しています、参考にしてください。

 インターネット安全教室
 http://lifesecurityup.blogspot.com/2014/08/urlhttps.html